Skip to content

Harmonic Society公式ブログ  >   Webマーケティング >   ホームページのライティングは難しい? 外注するときの注意点とは

Webマーケティング

ホームページのライティングは難しい? 外注するときの注意点とは

ホームページ制作において、ライティングは非常に重要な要素です。公開後はホームページからの集客により効果をあげていかなければなりません。

home-page-writing

ホームページのライティングは難しい。理由は後述しますが、上手にこなせる人は決して多くありません。

しかし製品・サービスの情報はライティングを介して顧客に届くため、Webマーケティングにおいてライティングの質はとても重要です。

本記事では、ホームページのライティングをどうしようか悩んでいる方向けに、知っておくべき内容を解説しました。

<目次>

ホームページのライティングは、ないがしろにされやすい

ホームページを作るときは、デザインにこだわる人は多いです。ところが不思議なことにホームページのライティング、つまり文章にこだわる人は少ないのです。その結果、パッと見のデザインは素敵だけれども、自社製品・サービスの魅力がターゲットに伝わらないホームページが出来上がります。

本来であれば、文章(コトバ)とデザイン(カタチ)は同じくらい重要視されるべきです。

ライティングが軽視される理由のひとつとして、ライティングの専門性がデザインの専門性のようには分かりやすくないことが挙げられます。いいデザインと悪いデザインはパッと見ですぐ分かるけれども、いい文章と悪い文章の違いはさほど目立ちません。

 

ホームページのライティングでよくある3つのパターン

本章では、ホームページのライティングあるあるを3つ紹介します。

ホームページを作ったことのある人なら、これから挙げる3パターンのどれかに該当したのではないでしょうか。

自社で原稿を用意するように求められる

一番多いパターンは、Web制作会社から原稿を用意するように求められる場合。段落テキスト

しかしホームページを作りたい会社は、決してライティングの専門家ではありません。もちろんいい文章を書くように頑張るのですが、SEO対策までを視野に入れた高いクオリティに仕上げられることは稀です。

Webデザイナーがライティングする

次に、Webデザイナーがライティングもするケースがあります。Webデザイナー

しかしここでも同じように、Webデザイナーはライティングの専門家ではありません。この場合、ライティングはデザインのおまけです。本当は、どちらも大切なのですが。

クラウドソーシングで依頼する

クラウドソーシングランサーズやクラウドワークス、ココナラなどのクラウドソーシングのサービスで、Webライターにホームページのライティングを依頼するケースも多くあります。

それなりの文字単価を支払えば、比較的高いクオリティの文章をかくWebライターが見つかるかもしれません。しかしホームページのライティングは難しく、そう一筋縄ではいきません

 

ホームページのライティングが難しい3つの理由

前章で、ホームページのライティングは難しいと述べました。本章では、ホームページのライティングが難しい理由を3つ挙げます。

専門的な知識・経験の不足

ホームページをつくりたい会社は、さまざまな事業を営んでいます。中には、理解が困難なほど複雑なビジネスを展開している会社もあります。

ホームページでは、事業の内容を顧客に伝わるように書かなければなりません。しかしWebライターに専門知識・経験が不足していると、集客につながる良い文章を書くに至りません

コンパクトな表現が求められる

ホームページのライティングは、スペースが限られているため、コンパクトな表現が求められます。ライティングをする人ならよくわかると思いますが、字数は増やすより減らす方が難しいです。

端的に、ホームページのライティングには、コピーライティングのセンスが求められ、それを持っているWebライターは多くありません。

デザイナーやコーダーとの連携が必要

ホームページ制作のプロジェクトにWebライターが加わったとき、デザイナーやコーダーと連携してチームで共創する必要があります

つまり請け負いから提出までを自分のペースで進められるわけではありません。コミュニケーション能力も求められます。

そういったソフトスキルもホームページのライティングには欠かせないのです。

 

ホームページのライティングを外注するときの選択肢

ここまで、ホームページのライティングの大切さと難しさを述べてきました。それらを踏まえて、ホームページのライティングは専門家に外注することが大切と、お気づきになったと思います。

本章では具体的に3つの選択肢を示します。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングのサービスを活用する企業も個人も増えてきました。クラウドソーシングでホームページのライティングを頼むときのリスクとして、品質のばらつきがあります。

もっと踏み込むならば、いいWebライターと出会える可能性は、高いとは言えません。背景にはコロナ禍を経て副業ライターやフリーライターが増えてきていることもあります。

知り合いのライターに直接頼む

信頼できるWebライターとすでに知り合っているなら、ホームページのライティングを依頼するのはよいでしょう。しかしWebライターにもジャンルにより向き不向きがあります

また、いいWebライターほど忙しいです。もしジャンルや時期によって、知り合いのWebライターに頼めない場合、別の選択肢を検討しなくてはなりません。

ライティングに強い企業と取引する

筆者がおすすめするのは、ライティングに強い企業に、ホームページのライティングを依頼することです。

企業はさまざまなライターを複数名抱えているため、ジャンルや時期の制約を逃れやすく、安定して高品質のサービスを受けられる可能性が高いです。個人ではなく法人であることの信頼性も大きいといえます。

 

ホームページのライティングならHarmonic Societyへ

Harmonic Society株式会社では、ホームページのライティングをはじめ、さまざまなライティングを高品質で提供しています。特に、BtoBで専門性が高い分野が得意領域です

Harmonic Societyはお客様とのヒアリングを重視しています。対話していく中で自然と出てきた言葉をライティングへと生かします。

御社の製品・サービスの強みや魅力を、改めて言語化して知る機会にもなります。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Harmonic Society編集部

Harmonic Society編集部

Harmonic Society株式会社の編集部です。7年を超えるライティング実績を強みに千葉でクリエイティブ制作を営んでいます。「経営の悩みを、言葉で解決する」ために、ヒアリングを通じて企業や製品・サービスの強みや魅力を言語化します。

gengoka-ogp

Latest Articles

取材を受けるメリットと気をつけなければいけないこと

取材を受けるメリットと気をつけなければいけないこと

取材を受けるとどのようなメリット・効果があるか、取材する側・される側、両方の経験の豊富な筆者がご説明します。

期待するアクションにつなげるための取材とは

期待するアクションにつなげるための取材とは

記事制作において事前に取材する際、読者の行動をイメージできていますか?記者・広報の仕事を続けて30年の筆者が、伝えたいメッセージを伝え、期待するアクションを起こしてもらうための、効果的な取材についてご案内します。

ノーコードでのLP制作ならSTUDIOがおすすめな理由!

ノーコードでのLP制作ならSTUDIOがおすすめな理由!

LP制作はノーコード(プログラミング不要)で可能です。コーディングをする場合に比べて圧倒的に工数や手間を省くことができるので、LP制作にSTUDIOを活用する流れは今後も加速するでしょう。

LPライティングならお任せ!売れるランディングページの作り方

LPライティングならお任せ!売れるランディングページの作り方

LPライティングのゴールとは、コンバージョン率の最適化にあるといえるでしょう。具体的には、資料請求やお問い合わせ、商品購入などが挙げられます。LPの外注は、デザインだけではなく、ライティングの専門性も必要です。

ホームページのライティングは難しい? 外注するときの注意点とは

ホームページのライティングは難しい? 外注するときの注意点とは

ホームページ制作において、ライティングは非常に重要な要素です。公開後はホームページからの集客により効果をあげていかなければなりません。

独学でSEOを学べるおすすめ本7選!本で学ぶことのメリットや選び方も解説

独学でSEOを学べるおすすめ本7選!本で学ぶことのメリットや選び方も解説

SEOの知識をWebメディアから収集する方法と、書籍から学ぶ方法とでは、どのような違いがあるのでしょうか。Webメディアからの収集には多くの時間がかかり、頭のなかで知識の断片と断片をつなぎあわせる作業が必要となります。その点、本はページ順に読むだけで、初心者でも順序立てて学習で...