Skip to content

Harmonic Society公式ブログ  >   LP >   LPライティングならお任せ!売れるランディングページの作り方

LP

LPライティングならお任せ!売れるランディングページの作り方

LPライティングのゴールとは、コンバージョン率の最適化にあるといえるでしょう。具体的には、資料請求やお問い合わせ、商品購入などが挙げられます。LPの外注は、デザインだけではなく、ライティングの専門性も必要です。

lp-writing

「LPのデザインを外注したがテキスト原稿を用意しろと言われて困っている」
「LPライティングを外注したいがどのように検討すべきかわからない」
「LPライティングを自社で完結させたいが具体的な手順が見つからない

このようなお悩みを抱えているご担当者様はいませんか?

本記事では「そもそもLPとは何か?」を説明すると同時に、LPライティングを自社で行うケースと、外部に委託するケースに分けて解説しています。LPライティングに失敗するとLPの効果は半減します。ぜひ最後までご覧ください。

 

<目次>



LP(ランディングページ)とは、縦長1ページの広告

今、Webで商品・サービスを販売するなら誰もがLP制作を検討するはずです。LPとは、コンバージョン(CV)を目的にした「縦長1ページの広告」のこと。

オウンドメディアがSEOによる継続的な集客を行い時間がかかるのに対して、LPは広告予算を投じることで即効性を期待します

LPの基本的な構成は以下の通りです。

  • ファーストビュー:ユーザーが最初に見る画面(キャッチコピー、アイキャッチ画像など)
  • ボディ:商材をアピールするLPの本体(ベネフィット、商品・サービスの特徴、導入実績など)
  • クロージング:ユーザーの行動を喚起する場所(よくある質問、期間限定の特典、お問い合わせフォームなど)

次の記事では、LPの構成をより具体的にまとめていますので、ぜひご覧ください。
関連記事:初めてでも分かるランディングページの構成

LPの特徴は以下の通りです。

  • リンクは離脱を防ぐために最小限
  • 画像・動画をわかりやすさ重視で多く用いる
  • 商材のベネフィットを提示する
  • 訪問者に具体的な行動(CV)を促す
  • 継続的に検証・改善する(LPO)

売れるLPを制作するには、すでに成功しているLPをベンチマークにすることが非常に効果的です。次の記事では売れるLPの例をまとめましたので、参考にしてみてください。

関連記事:売れるランディングページの例とは?参考にすべき5社を厳選!

 

LPライティングの特徴は、具体的な行動を促すこと

Arrow Chart Visual Charts Presentation in Blue White Teal Simple Style

LPライティングは、「セールスライティング」の一種であり具体的な行動を促します。この点において、ブランディングを目的とした「コピーライティング」とは異なります。

コピーライティングとセールスライティングの違いは以下の記事で解説しています。
関連記事:コピーライティングとセールスライティングの違いは?上達法も紹介

LP訪問者の具体的な行動とは、コンバージョン(CV)を指します。例えば、資料請求やお問い合わせ、商品購入などがあります。

つまりLPライティングのゴールとは、コンバージョン率(CVR)の最適化にあるといえるでしょう。

 

LPライティングを自社で行う際のコツ

ここではLPライティングを自社で実施するときのコツを紹介します。

1.商材の魅力を言語化する

まず大切なことは商材の魅力を言葉にすることです。自社の商材の魅力を論理的かつ網羅的に説明できる人は多くありません。

LPライティングをきっかけに自社の商材の魅力をチームで話し合い言葉にしましょう。

2.LPライティングの型を実践する

LPライティングには基本的な型が存在します。コピーライター・神田昌典氏が提唱する「PASBECONAの法則」などは代表的なものです。

ゼロから考えるのではなく、型を活用することで効率的にLPライティングを行いましょう。

3.継続的に検証して改善する

売れるLPを作るには継続的な検証と改善が必要です。読み手の行動をGA4などで確かめながら、テキストを少しずつ改良していきましょう。

毎回、仮説を立てて検証する姿勢が大切です。

 

LPライティングを外注するときの注意点

LPライティングを自社で行うリソースがないなら、外注を検討しましょう。ここでは、外注先を探すときの注意点を紹介します。

1.実績を確認する

一番大切なことは、実績の確認です。自社が求めるLPの品質を担保できるか厳しいチェックの目が必要です。

また、LP制作に使用するツールに関しても確認するようにしましょう。以下の記事では、LP制作に使えるツールをまとめています。

関連記事:おすすめLP制作ツール6選を徹底比較!料金や選び方のポイントは?

2.予算と相談する

LPライティングを外注する場合、決して少なくない金額の費用が必要になります。自社で使える予算の範囲内でLPライティングを実施してくれる外注先を探しましょう。

3.相性を考える

LPライティングを外注するとき、LP制作そのものを外注する場合も多くあるでしょう。そのときには、デザインだけではなくライティングの部分もきちんと専門性がある外注先を探すことが賢明です。

デザインは優れていてもコンテンツとなるライティング部分がおざなりになっているケースは非常によくあるからです。

 

LPライティングならHarmonic Societyにお任せ

LPライティングを検討しているなら、Harmonic Societyにぜひお声がけください。

Harmonic Society株式会社では、200社以上と取引した8年に及ぶライティング実績を強みに、専門性が高いBtoB商材であってもわかりやすくLPに落とし込めます。

Harmonic SocietyのLP制作では、ノーコードツールを用いたWeb実装をするため、コーディングをする場合に比べて予算を抑えることが可能です。また納品後も御社側で感覚的に修正を施せる点もノーコードツールを用いるメリットのひとつです。

LPライティングのお問い合わせはこちら

Harmonic Society編集部

Harmonic Society編集部

Harmonic Society株式会社の編集部です。7年を超えるライティング実績を強みに千葉でクリエイティブ制作を営んでいます。「経営の悩みを、言葉で解決する」ために、ヒアリングを通じて企業や製品・サービスの強みや魅力を言語化します。

gengoka-ogp

Latest Articles

取材を受けるメリットと気をつけなければいけないこと

取材を受けるメリットと気をつけなければいけないこと

取材を受けるとどのようなメリット・効果があるか、取材する側・される側、両方の経験の豊富な筆者がご説明します。

期待するアクションにつなげるための取材とは

期待するアクションにつなげるための取材とは

記事制作において事前に取材する際、読者の行動をイメージできていますか?記者・広報の仕事を続けて30年の筆者が、伝えたいメッセージを伝え、期待するアクションを起こしてもらうための、効果的な取材についてご案内します。

ノーコードでのLP制作ならSTUDIOがおすすめな理由!

ノーコードでのLP制作ならSTUDIOがおすすめな理由!

LP制作はノーコード(プログラミング不要)で可能です。コーディングをする場合に比べて圧倒的に工数や手間を省くことができるので、LP制作にSTUDIOを活用する流れは今後も加速するでしょう。

LPライティングならお任せ!売れるランディングページの作り方

LPライティングならお任せ!売れるランディングページの作り方

LPライティングのゴールとは、コンバージョン率の最適化にあるといえるでしょう。具体的には、資料請求やお問い合わせ、商品購入などが挙げられます。LPの外注は、デザインだけではなく、ライティングの専門性も必要です。

ホームページのライティングは難しい? 外注するときの注意点とは

ホームページのライティングは難しい? 外注するときの注意点とは

ホームページ制作において、ライティングは非常に重要な要素です。公開後はホームページからの集客により効果をあげていかなければなりません。

独学でSEOを学べるおすすめ本7選!本で学ぶことのメリットや選び方も解説

独学でSEOを学べるおすすめ本7選!本で学ぶことのメリットや選び方も解説

SEOの知識をWebメディアから収集する方法と、書籍から学ぶ方法とでは、どのような違いがあるのでしょうか。Webメディアからの収集には多くの時間がかかり、頭のなかで知識の断片と断片をつなぎあわせる作業が必要となります。その点、本はページ順に読むだけで、初心者でも順序立てて学習で...