Skip to content

Harmonic Society公式ブログ  >   SEO >   【初心者必見】SEOライティングのコツを9つ紹介

SEO

【初心者必見】SEOライティングのコツを9つ紹介

「SEOで上位表示させるコツを知りたい」。「初心者でもできる方法ってあるの?」。このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。本記事では、初心者の人にとって「まずは抑えておきたいSEOライティングのコツ」を9つほど解説します。

「SEOで上位表示させるコツを知りたい」「初心者でもできる方法ってあるの?」このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

SEOライティングのコツは、挙げれば無数に存在します。

本記事では、初心者ライターの方にとって「まずは抑えておきたいSEOライティングのコツ」を9つほど解説します。

本記事で分かる内容は以下の通りです。

  • SEOライティングを行う意味
  • 何を意識してライティングをすれば良いのか
  • ユーザーに評価されるSEOライティングのコツ
  • 検索エンジンに評価されるSEOライティングのコツ

SEOライティングとは上位表示させるためのライティング手法

SEOライティングとは、検索結果で上位表示させることを意識したライティング手法です。

ネット上ではさまざまなSEOライティングのテクニックが公開されています。SEOで最も重要なことは「ユーザーの検索意図を満たすこと」です。

これは、Googleが掲げる10の真実の第一条「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」からも理解していただけると思います。テクニック的な要素は「ユーザーファースト」の土台があってこそ意味をなすものだと認識しておきましょう。

以上を理解した上で、後述するSEOライティングのコツを参考にしてください。

根本的なSEOライティングの考え方を知りたい人は以下の記事がおすすめです。
関連記事:SEOライティングとは?初心者が今すぐできる意識やコツを解説!

SEOライティングのコツはユーザーと検索エンジンの両方を意識すべき

SEOライティングのコツを理解するには、以下の2つの側面を理解する必要があります。

  • ユーザーから評価されるライティング
  • 検索エンジンから評価されるライティング

先ほど解説したように、「ユーザーに評価されるライティング」は最も重要かつ土台にあるべき考え方です。一方で「検索エンジンに評価されるライティング」はある種テクニック的な要素を含んでいます。

筆者はSEOライティングについて、以下の認識です。

  • ユーザーに評価される→コツに正解がない。記事のジャンルやユーザー性によって異なる。
  • 検索エンジンに評価される→ある程度コツに正解がある。どちらかというと「知識」

つまり、検索エンジンに評価されるコツは「〜すれば評価される」といったある種の知識だと言えるでしょう。一方で、ユーザーに評価されるコツは記事によって異なるため、基本を理解して自分自身で応用していくべきです。

今回はユーザー・検索エンジンそれぞれに評価されるコツを別々に解説していきます。

ユーザーに評価されるSEOライティングのコツ5選!

ユーザーに評価されるSEOライティングのコツは次の5つです。

【完成品】Harmonic Society_ホワイトペーパー第2弾_page-0022

ユーザーに評価されるSEOライティングのコツに、正解はありません。

したがって、それぞれのコツはあくまで参考程度に理解し、記事のジャンルやユーザー属性によって柔軟に変更していきましょう。

コツ1:PREP法を意識する

PREP(プレップ)法とはSEOライティングでよく使われるワードで、次の単語の頭文字を取ったものです。

  • P→Point(結論)
  • R→Reason(理由
  • E→Example(例)
  • P→Point(結論)

PREP法とは上記した順番でライティングを行う手法です。ただ、必ずしもすべての文章において最適であるとは言えません。場合によってはR(理由)が抜けたりE(例)が抜けたりする場合もあります。

「結論から言ったらユーザーはすぐに離脱してしまうのでは?」と思われる人もいらっしゃると思いますが、一概にそうとも言えません。

例えば、あなたが最も良いダイエット方法を探しているとします。

記事の冒頭に「ダイエット史上最強なのは、やはりランニングです!」と記載してあったとしても、それを見ただけで記事から離脱することはないと思います。

「なぜランニングが最強なのか」という疑問を抱き、理由を知りたいと思うようになるでしょう。これはすべてのユーザーに対して当てはまることで、結論から書いたとしてもユーザーは離脱しません。

初心者のうちはPREP法を意識してライティングを行うことで70点くらいのライティングができるようになると思います。PREP法という基礎を固めた上で自分なりにアレンジしていきましょう。

コツ2:一文を短くする

一文を60字以内を目安にライティングを行い、どれだけ長くても100字以内にはおさまるようにしましょう。ただ、短すぎても逆に読みづらくなってしまいます。

例えば、次の文章をみてみましょう。

  • 読書は重要です。さまざまな知識が得られます。また、場所も選びません。電車や待ち時間に読めます。

流石にここまで短いと「読みにくい」と感じた人が大半だと思います。つまり、短すぎても幼稚な文章になってしまうため、適度な長さが重要です。

先ほどの例は以下のように工夫できるでしょう。

  • 読書はさまざまな知識が得られるため、重要です。また、電車や待ち時間など場所を選ばずに読めます。

コツ3:表や箇条書き、改行を用いる

表や箇条書き、改行を適度に用いるようにしましょう。文章のみをひたすら書いた文章は、「論文みたいで読みたくない」と思われるリスクが高いです。

ライティング関連の名著「20歳の自分に受けさせたい文章講義」では「ユーザーは読むより先に見る」と表現されています。つまり、ユーザーは記事を読む前に視覚的に記事全体を眼で見ているわけです。

表や箇条書き、改行を加えた方が視覚的に圧迫感が少なく「読んでみよう」というユーザーの意欲をかき立てられます。

ぱっと見で「読みにくそう」と判断されないように、適度に空間を与えて記事全体に圧迫感がないように工夫しましょう。

コツ4:文字装飾をする

流し見でもユーザーが記事の内容を理解できるように文字の色を変えたり、マーカーを引いたりすべきです。

そもそも、ユーザーは記事のすべてを見ているわけではありません。「これだけ頑張って書いたのだから、すべて見てほしい」という作成者側の意図とは反対に、スマホでスクロールして「流し見」をしているわけです。

ただ、文字装飾が多すぎると主張したい部分が上手く伝わらなくなるため、1見出しに1〜2個くらいに抑えるようにしましょう。

PCでライティングをしている場合には、記事の完成後にスマホ画面で確認するようにしましょう。おそらくユーザーの大半がスマホ利用者だと思います。

PCで見やすいことも重要ですが、どちらかというとスマホで見やすい工夫に焦点を当てるようにすべきです。

コツ5:画像を適度に挿入する

適度に画像を入れることによって、ユーザーにとって「読みやすい」記事に仕上がるようになるでしょう。画像は入れる目的によって以下の2つが存在しています。

  1. 「圧迫感を減らすため」の画像
  2. 「理解を促すため」の画像

1つ目の目的は「コツ3」でも解説した圧迫感を減らす手段として画像を用いる方法です。「画像自体に意味がある」というよりも画像によって記事の「読みにくさ」を軽減させる効果が期待できます。

どの程度画像を用いるのかは記事のジャンルやメディアの温度感によってまちまちです。例えば、「h2(中見出し)直下に必ず画像を入れる」といったルールを設けているメディアもあります。

2つ目の目的は「理解」を促すための手段として用いる画像です。つまり、図やイラスト的な画像で、文字だけでは表現できない場合に有効的だと言えます。

例えば、「メンズ 髪型 種類」で記事を書く場合を想定してみましょう。

「アイビーカットとは、七三に分けた上で前髪を上げたスポーティな髪型です。」という内容が書いた記事が出てきたら、ユーザーはおそらく「いや、画像見せてくれよ」という感情を抱きます。

例のように、画像を用いることによってユーザーの理解を促せるのであれば積極的に活用していくべきです。

以上2つの側面から、画像を適度に使うことによってユーザーにとっての「読みやすさ」が向上すると思います。

検索エンジンに評価されるSEOライティングのコツ4選!

続いて、検索エンジンに評価されるためのSEOライティングのコツを解説していきます。検索エンジンに評価されるコツは、細かく分類すると数え切れません。

今回は、数あるコツの中でも特に「初心者が今日から使えるもの」に絞って解説していきます。

検索エンジンに評価されるSEOライテティングのコツは以下の4つです。

【完成品】Harmonic Society_ホワイトペーパー第2弾_page-0023

それぞれ解説していきます。

コツ1:タイトルや見出しにキーワードを含める

タイトルや見出しに記事の対策キーワードを入れることによって、「この記事は〜という内容を書いていますよ」と検索エンジンに意思表示ができます。

例えばこの記事の対策キーワードは「SEO ライティング コツ」です。タイトルや見出しに対策キーワードが含まれていることが分かると思います。

ただ、キーワードは入れれば入れるほど良いわけではありません。あくまで自然な形でユーザーにとって不快感がない範囲で入れるようにしましょう。

また、タイトルに関しては以下の2つに注意してください。

  • タイトルは30字以内にする。もしくは伝えたい内容を30字以内におさめる
  • タイトルの前半にキーワードを含める

PCとスマホによってタイトルの表示される文字数は異なりますが、おおよそ30字前後だと言われています。タイトルは30字以内におさめる、もしくは30字以内で内容が分かるように工夫しましょう。

また、検索エンジンに評価されるにはタイトルの前半に対策キーワードを含めるのが良いと言われています。なるべく前半にキーワードを入れるようにしましょう。

コツ2:階層構造を整理する

検索エンジンが記事の構造を理解しやすいように、見出しの階層構造を整理するようにしましょう。各見出しはそれぞれ次の意味があります。

見出しの種類 意味
h1 ・タイトル
h2 ・大見出し
h3 ・中見出し
h4 ・小見出し
h5〜h6 ・小見出し以下の補足

一般的にはh1〜h4くらいまでしか利用されません。どうしても必要な場合に限りh5〜h6を利用するようにしましょう。

例えば、この記事の階層構造は次の画像の通りです。

seo-writing-structure-example
h2の中にh3が含まれていることが分かるかと思います。この記事のように、階層構造は「大見出しの中に中見出し、その中に小見出し」という入れ子構造を意識しましょう。

コツ3:アンカーテキストを利用する

内部リンクや外部リンクを記事内に入れる場合、URLをそのまま打ち込むのでなくアンカーテキストを利用するようにしましょう。

アンカーテキストとは、リンクを文章で表現したものです。アンカーテキストを入れることによってリンク先の内容を検索エンジンに理解してもらえます。

実際に当メディアにてアンカーテキストを利用した例は下の画像の通りです。

anchor-text-example

アンカーテキストを入れる場合には以下の2点に注意しましょう。

  1. リンク先の内容が分からない文章(「詳しくはこちら」「詳細はここをクリック」など)
  2. 長すぎる文章

コツ4:画像にalt属性

alt(オルト)属性とは、ページ内の画像内容を検索エンジンに伝える代替テキストです。alt属性の意味は検索エンジンに「これは〜の画像です。」と伝えるだけではありません。

何らかの問題で画像が表示されない場合には、代わりにalt属性に記載した文字が表示されます。

また、画像自体をリンクに設定した場合にはアンカーテキストの役割も。1つ1つにalt属性を付けるのは面倒な作業ですが、できる限り設定するようにしましょう。

SEOライティングのコツを1つでも手に入れよう!

今回はユーザー側と検索エンジン側の両側面からSEOライティングのコツを解説しました。SEOライティングのコツは無数に存在しているため、初心者の人がいきなりすべてを取り入れるのは難しいでしょう。

まずは今回解説した1つでも自分のものにすれば大丈夫です。1ヶ月に1つ新しいSEOライティングのコツを習得すれば、1年後にはSEOライティングのスキルは格段に成長していると思います。

自分ができそうな範囲でライティングにコツを取り入れていきましょう。

関連記事:SEOとは?基本知識やメリット、具体的な流れをわかりやすく解説

wp-content-seo

Harmonic Society編集部

Harmonic Society編集部

Harmonic Society株式会社の編集部です。7年を超えるライティング実績を強みに千葉でクリエイティブ制作を営んでいます。「経営の悩みを、言葉で解決する」ために、ヒアリングを通じて企業や製品・サービスの強みや魅力を言語化します。

gengoka-ogp

Latest Articles

取材を受けるメリットと気をつけなければいけないこと

取材を受けるメリットと気をつけなければいけないこと

取材を受けるとどのようなメリット・効果があるか、取材する側・される側、両方の経験の豊富な筆者がご説明します。

期待するアクションにつなげるための取材とは

期待するアクションにつなげるための取材とは

記事制作において事前に取材する際、読者の行動をイメージできていますか?記者・広報の仕事を続けて30年の筆者が、伝えたいメッセージを伝え、期待するアクションを起こしてもらうための、効果的な取材についてご案内します。

ノーコードでのLP制作ならSTUDIOがおすすめな理由!

ノーコードでのLP制作ならSTUDIOがおすすめな理由!

LP制作はノーコード(プログラミング不要)で可能です。コーディングをする場合に比べて圧倒的に工数や手間を省くことができるので、LP制作にSTUDIOを活用する流れは今後も加速するでしょう。

LPライティングならお任せ!売れるランディングページの作り方

LPライティングならお任せ!売れるランディングページの作り方

LPライティングのゴールとは、コンバージョン率の最適化にあるといえるでしょう。具体的には、資料請求やお問い合わせ、商品購入などが挙げられます。LPの外注は、デザインだけではなく、ライティングの専門性も必要です。

ホームページのライティングは難しい? 外注するときの注意点とは

ホームページのライティングは難しい? 外注するときの注意点とは

ホームページ制作において、ライティングは非常に重要な要素です。公開後はホームページからの集客により効果をあげていかなければなりません。

独学でSEOを学べるおすすめ本7選!本で学ぶことのメリットや選び方も解説

独学でSEOを学べるおすすめ本7選!本で学ぶことのメリットや選び方も解説

SEOの知識をWebメディアから収集する方法と、書籍から学ぶ方法とでは、どのような違いがあるのでしょうか。Webメディアからの収集には多くの時間がかかり、頭のなかで知識の断片と断片をつなぎあわせる作業が必要となります。その点、本はページ順に読むだけで、初心者でも順序立てて学習で...